レーシックの病院を比較する

近視を矯正するレーシック、最近はこの手術を受けた人や受けたいと思っている人が多いですよね。
わたしも1年前にレーシックの手術を受けました。
以前から興味があったんですが、なんとなく怖いイメージというか・・・。
実際に手術を受けた人から話を聞くと、「眼球にレーザーを当てる」とか「眼球の表面の膜みたいなのをめくる」とかの内容で、とても自分が受けることになるとは思いもしませんでした。
手術の内容は恐ろしかったんですが、手術後の視力は裸眼で1.0ほどあるというし、手術時間は15分でまったく痛くないということには少し魅力を感じていました。
10代の頃から近視が進み、高校生の時からずっとコンタクトレンズで生活していましたが、毎月かかるコンタクト代もけっこう高いなあ、と思い始めました。
年齢的にはまだ若く、これからずっとコンタクトを続けるのであれば、いっそ手術を受けたほうがいいのではないかと考え、インターネットで色々検索するようになりました。
懸案の料金は、病院によってまちまちですが、10万円代から30万円台くらいの幅があります。
平均的な料金は20万円前後のようだったので、意外と安く感じました。
コンタクト代を何年か払い続けるくらいの金額です。
しかも、つけはずしの手間やドライアイに悩むこともありません。
俄然、手術を受ける気になりました。
それからは、病院の比較を始めました。
クリニックは普通の眼科、レーシック専門の病院があり、合わせると膨大な数です。
もちろん大切な目のことですから、クリニック選びでは失敗したくありません。
色々調べて、安心な病院の目安は、日本眼科学会で認められた専門医がいるか、手術前後の費用がオープンになっているかが大事だと感じました。
レーシックの手術そのものは眼科医であれば施術できる簡単なものだそうですが、日本眼科学会が認めた、眼科専門医の認定があればより安心です。
HPに眼科専門医の表記があるか、チェックしておいたほうがいいでしょう。
レーシックは、健康保険適応外の手術です。
費用が自己負担なので、事前に金額が公開されていることは重要ですね。
手術の費用はもちろん、手術前の検査費用、手術後の検査など、通院の必要があり、これらも全額自己負担になります。
安いから悪い、高いから良いとは一言では言えませんが、大切なのは、オープンになっているかどうかです。
ちなみに手術後の保障を設けているクリニックが多いのも助かりますね。
保障期間は、クリニックによって様々なので、これもチェックしておくといいでしょう。
クリニックは、これらの条件をクリアしたうえで家から通いやすい距離であれば尚いいですね。
候補のクリニックが決まれば、簡易検査を受けてみましょう。
手術に向いているかどうかの検査をしてもらいながら、聞きたい説明を何でも聞いてみましょう。
担当医の対応、病院の雰囲気が実際に体験でき、クリニック選びの決め手になります。
簡易検査は行っているクリニックと行っていないクリニックがありますが、無料で行ってくれる所もあります。
手術のメリットだけではなく、デメリットもしっかり説明してくれるクリニックは信頼できると言えます。
納得のいくクリニックを選んで、コンタクトいらずの快適な生活にしてくださいね。

Copyright 2013 れーしっく体験.com All Rights Reserved.